カラー複合機をレンタルするならどれ?活用シーンと選ぶポイントとは

カラー複合機を購入するには高額で気軽に導入することができません。
そこで多いのがレンタルでの導入です。
特に短期での利用などはレンタルがおススメです。レンタルだと審査もないのですぐに導入できます。
では、レンタル複合機はどのような場合に活用されることが多いのでしょうか。またどの複合機がおススメなのでしょうか?
今回はカラー複合機がレンタルされる場合とはどのような時か、また選ぶポイントとなるところをご紹介します。

▶目次

1.レンタルカラー複合機の活用シーン

レンタルカラー複合機の活用シーン
カラー複合機をリースではなくレンタルする理由としては、短期間でも借りることができ、いつでも解約できるということが大きいでしょう。
また審査もなく、減価償却や固定資産税が発生しないので経理上もカンタンで、気軽にレンタルすることができます。
では実際にどのようなシーンでレンタルカラー複合機が活用されているのでしょうか。

  • イベント
  • イベントの案内チラシ・パンフレットや資料、集計や顧客などの情報をコピーしたりプリントアウトしたりするのに活用されます。イベント会場となるホテルやレンタルスペースなどに導入されることが多いです。

  • セミナー
  • セミナーで使用する資料や書類を配布用に大量コピーするために活用されます。

  • 国際会議
  • 会議場にもレンタル複合機が導入されます。必要となる会議資料の部数が多いため、印刷速度が速いものが選ばれています。

  • 株主総会
  • 数日に渡って行われる株主総会で資料のコピー用に活用されます。

  • 選挙事務所
  • 有権者へのちらしやマニフェストの配布、集計結果などの印刷に活用されます。大体のレンタル期間は1~2ヶ月くらいです。

  • 予備校や塾には必ずと言っていい割合でコピー機が導入されています。しかし、夏期講習やセンター試験対策の講習などの短期期間で行われる講習用に専用としてレンタル複合機が活用される場合が多いです。

  • 工事現場
  • 工事現場の仮設事務所で資料や図形を印刷するのに活用されます。長い場合は1年間ほどレンタルされる場合もあります。

2.必要な機能がついているか

必要な機能がついているか
コピー機は種類によって導入している機能や印刷速度がことなります。
同じメーカーの同じシリーズでも用途に合わせてタイプが複数用意されています。

  • 印刷サイズはどこまで必要か
  • 月間使用枚数はどのくらいか
  • FAXやスキャナー、プリンターなどの機能を利用するか
  • 設置場所に収まるサイズはどの程度か
  • LAN環境を利用するか
  • MacOS対応機種がいいか

以上のように、まずはオフィスでの利用用途や使用頻度などを明確にして機種を選ぶようにしましょう。

3.まとめ

カラー複合機がレンタルされ活用されるシーンと複合機を選ぶ際にポイントとなる点をご紹介しました。
購入にもリースにもないメリットがあるゆえ、様々な場面でレンタル複合機が選ばれており、特に人に見せたり配布する用の資料の印刷は仕上がりのいいカラー複合機がえらばれています。
カラー複合機をレンタルされる際はぜひご参考にされてください。

カラー複合機のおすすめ紹介

Read Also

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です