保守サービスの内容とは

OA機器である複合機は、本体代金も高額なものですが同時に導入後にかかる修理費用や消耗品の代金についても注意する必要があります。

そこで、コピー機を購入したりリース契約をしたりする場合には、販売店と保守契約を結ぶことが一般的です。一定額の保守費用を毎月負担するかわりに、故障時の修理代金が免除されたり、定期的なメンテナンスが実施されたり、一部の消耗品についてサービスで交換対応されたり、といったサービスが受けられます。

では、レンタル複合機の場合にはどのような扱いになるのでしょうか?

▶目次

1、保守契約とは

保守サービスの内容とは
複合機(コピー機)の保守契約について紹介します。

保守契約とは

保守契約とは、販売店よりコピー機の定期的なメンテナンスや修理対応をサービスで行ってもらえるサービスのことを言います。

新品の複合機を購入する場合や、リース契約をする場合には、保守契約の加入が契約条件になっていることが一般的です。

保守契約の種類

複合機の保守契約は、サポート内容によっていくつかの種類があります。
代表的なものは以下の通りです。

  • カウンター保守契約
  • もっとっも一般的な保守契約で、ビジネスでの複合機・コピー機の8割を占めるといわれています。
    トナーの交換や修理費が無料になり、コピー枚数によって料金が発生します。

  • キットトナー保守契約
  • あまり利用されていませんが、指定のキットトナーを契約している間は修理やメンテナンスが無料になる保守契約です。

  • スポット保守契約
  • 中古コピー機を購入する際に加入できる保守契約です。月額が発生しない代わりに、修理費や消耗品の利用料金は実費となります。
    修理費用が思わぬ高額になることもあるというデメリットはありますが、短期間での利用で月額を最低限に抑えたい場合などに選ばれています。

2、レンタル複合機の保守契約

保守サービスの内容とは
レンタル複合機の保守契約について紹介します。

レンタル複合機の料金体系

レンタル複合機の保守のサポート内容を確認するには、料金プランを細かく確認しましょう。

レンタル複合機の場合には、一般的には月額料金が設定されています。この月額プランの中に含まれる内容はレンタル複合機業者やプランによって異なります。

具体的には以下のものがプランに含まれていることが多いです。

  • 複合機本体のレンタル料
  • 修理・サポート代金(修理時のスタッフ出張費含む)
  • トナー代金
  • 複合機の清掃サービス

修理代金は業者負担が一般的

上記の中で、複合機本体のレンタル料は、当然どのプランにも含まれています。また、修理・サポート代金についてもほぼもれなく、月額プランの中に含まれています。

従って、レンタル複合機の場合には、別途保守契約を結ばなくてもレンタル業者が修理代金を利用者が負担しなければならないことは非常にまれです。

もちろん、使用しているうちに大きな過失があった場合や、わざと故障をさせてしまった場合には、修理代金が請求されるケースもあります。

保守内容の判断について

トナー交換や複合機の清掃など、プランのサポートは厚いほうが優れているのは間違いありませんが、サポートが厚いほど月額が高くなるのも事実です。

特に、トナーは購入した場合はそれなりの金額がかかってしまうので、トナーの無料交換が含まれたプランにすべきか否かは迷われる部分かと思います。

トナーの無料交換が含まれたプランを選ぶべきか否かは、月間の印刷枚数の見込みによって判断すると良いでしょう。
具体的な判断基準については、機種やプランによって異なりますので、レンタル業者に相談されると良いでしょう。

3、まとめ

レンタル複合機の保守サービスについて紹介しました。

保守サービスが薄い場合には、突発的な修理費用・部品購入代金・トナーの交換費用で大きな出費が生じてしまう可能性があります。
せっかくイニシャルコストを抑えても修理に多額の金額が発生してしまっては意味がありません。

その点、レンタル複合機は、修理のサポートもしっかりと月額プランに含まれています。したがって、コピー枚数によって変動はあるものの、毎月変動の少ない金額でコピー機を借りることが可能になります。

月額プランは、レンタル業者やプランによって内容が異なりますので、月額の料金だけではなくプランの内容を見比べて判断しましょう。

Read Also

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です